Xcodeの実機エラー”Could not locate device support files.”

2022年6月29日Xcode

Xcodeで実機でbuildしようとした時、“Could not locate device support files."というエラーが出てきたことありませんか?
iPhoneのアップデートした時にこのエラーが出ることがあります。

この記事は“Could not locate device support files."のエラーを解決し、
実機でbuildができるようにするための記事です。

実際にエラー確認から見てみましょう。

Xcodeの実機エラー”Could not locate device support files.”

Could not locate device support files.

Google翻訳:デバイスサポートファイルが見つかりませんでした。

よく分からない

よく分からないと思うかもしれませんが、そのままダイアログの次の英文を確認しましょう。

”Could not locate device support files.”の説明

This iPhone 11 Pro is running iOS 13.4.1 (17E262), which may not be supported by this version of Xcode. An updated version of Xcode may be found on the App Store or at developer.apple.com

上記同様、Google翻訳します。

Google翻訳:このiPhone 11 ProはiOS 13.4.1(17E262)を実行していますが、このバージョンのXcodeではサポートされていない可能性があります。 Xcodeのアップデートバージョンは、App Storeまたはdeveloper.apple.comにあります。

初心者からするとさっぱりですよね?
でも大丈夫です。

“Could not locate device support files"の原因

「iOSのバージョンが、今のXcodeに対応していない」ってことなので対応させましょうって話です。

みなさんもよく見たことがあ理ますよね?
iPhoneのアップデート通知。
あれですよ!

ズバリ"Could not locate device support files"の原因はこれです。

「iOS」と「Xcode」のバージョンのアップデートは同じタイミングというわけではないので、エラーが起きてしまします。

スポンサードサーチ

サポートファイルをダウンロード

「iOS」と「Xcode」のバージョンを同じにするには、まず「サポートファイル」をダウンロードする為に下記、リンクを開きます。

https://github.com/filsv/iPhoneOSDeviceSupport

そうするとこのような画像が出てくるので、ダウンロードしたいファイルを選択して、ダウンロードします。

サポートファイルをDeviceSupportに置く

ダウンロードが完了すると、まずダウンロードしたZIPファイルを解凍します。
解凍後、「DeviceSupport」にダウンロードファイルをおきます。

/アプリケーション/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport/

パスで移動をしましょう。

※Xcode.appを確認してもContentsは表示されていません。

ダウンロードから「DeviceSupport」フォルダにペースまたはドラックしましょう。

「DeviceSupport」にダウンロードファイルが置ければ完成です。

スポンサードサーチ

buildでエラーチェック

buildする前にXcodeを再起動をかけましょう。

再起動後、buildできれば解決ですね。

もし、buildができないようであればXcodeのアップデートを待ったほうがいいと思うので、それまで待ちましょう。

おまけ

YouTube始めました。

ど素人ながら模索して頑張ります。
応援よろしくお願いします。

Xcodeerror,Xcode

Posted by kami