【Xcodeでbuildエラー】The run destination 実機名 is not valid for Running the scheme ‘アプリ名’.

2022年6月29日Xcode

こんにちは、カミ@god48_です。

この記事はXcodeの実機での起きる、「The run destination 実機名 is not valid for Running the scheme 'アプリ名’.」のbuildエラーについて説明します。

The run destination 実機名 is not valid for Running the scheme 'アプリ名’.

「The run destination 実機名 is not valid for Running the scheme 'アプリ名’.」は実機でbuild時に発生するエラーです。

The run destination 実機名 is not valid for Running the scheme 'アプリ名’.

英語を読むのはプログラムを触る上でものすごく大事です。
日本語検索だと検索ヒットに限りがあります。

とはいえ、分からない方は直訳を丸々頭に入れるのは違いますが、道筋として翻訳も手段のうちの一つです。

以下がGoogle翻訳の内容です。

実行先の実機名は、スキーム「得名」の実行には無効です。

buildができないって事ですね。

テキスト文も見てみましょう。

実機名 does not trust this Mac. To use 実機名 with Xcode, unlock it and choose to trust this Mac when prompted.

「The run destination 実機名 is not valid for Running the scheme 'アプリ名’.」のエラー分のテキストです。

テキスト文を読むことも大事なので、必ず読みましょう。

実機名 does not trust this Mac. To use 実機名 with Xcode, unlock it and choose to trust this Mac when prompted.

以下がGoogle翻訳の内容です。

実機名はこのMacを信頼していません。 Xcodeで実機名を使用するには、ロックを解除し、プロンプトが表示されたらこのMacを信頼することを選択します。

スポンサードサーチ

エラーの原因

「実機名 does not trust this Mac….」のエラーテキスト分から分かるようにiPhoneがMacを信頼していないと言うことが分かります。

設定した覚えがないと思う方もいると思いますが、
iPhoneをMacを接続時に表示されるダイアログを無意識に「信頼しない」を選択しているからです。

エラーの解決方法

解決は信頼することです。

上記通りですが、分かりやすく手順を記載しますね。

  • 1.iPhoneとMacを繋いでいるLightningケーブルの接続を一度、切断する。
  • 2.再度、iPhoneとMacを繋いでいるLightningケーブルの接続を一度、接続する。
  • 3.表示されたダイアログで「信頼する」を選択する。

これでbuildすることができます。

アプリ制作に興味がある方

アプリ制作、学習におすすめをピックアップしました。
会員登録、カウンセリングは無料なので是非やってみましょう。

Webアプリケーションコース
iPhoneアプリコース
Androidアプリコース

無料カウンセリング

無料カウンセリングはどちらも無料ですよ。

エンジニア無料カウンセリング

無料キャリアカウンセリングのお申込み

映像制作やYouTubeを始めたい方

映像制作やYouTubeを始めたい方は是非こちらもどうぞ。動画編集コース

無料カウンセリングしているので、興味がある方、人生を変えたい方は、まずは無料カウンセリングだけでもやってみましょう。

無料なのでとりあえず、やって見ます。

XcodeXcode

Posted by kami