【nodebrew】Node.jsとは?Node.jsをMacにインストール

2023年2月2日Node

node.js
ミニマリスト_カミ

こんにちは!
カミ@god48_です。

今回はNode.jsのをMacにインストールして環境構築する方法の紹介です。
僕のBlogは初心者にも分かるようにできる限り細かく書くように心かけています。
プログラミング初心者の方必見のわかりやすいをモットーに書いています。

最後まで読んでNode.jsを環境構築していきましょう。

この記事でわかること

  • npmの理解
  • Node.jsを使った開発の流れ

Node.jsとは

Node.jsについておさらいしましょう。
初めての方も一緒に覚えていきましょう。

Node.jsとはドキュメントにも記載がありますが、Node.js® は、Chrome の V8 JavaScript エンジン 」で動作する JavaScript 環境です。

Chrome の V8 JavaScript エンジン で動作する JavaScript 環境です。
JavaScriptを、サーバー側で動作させるプラットフォームです。
Node.jsを触るにはJavaScriptの理解が必要です。

Chrome V8とは?

「Chrome V8」とは、Googleが開発するオープンソースのJIT(Just In Time) Virtual Machine型のJavaScriptエンジンを指します。

Virtual Machineとは?

Virtual Machineとは仮想マシンの一種で、ソフトウェア実行時にコードのコンパイルを行い動作をしてくれます。

仮想マシンとは?

仮想マシンとは1台のコンピュータで複数のコンピュータを動かす技術のことです。
例を上げると、WindowsのPC上でMac環境を動かしたり、 WindowsのPC上でLinux環境を動かしたりすることです。

npmとは

Node Package Managerの省略で、Node.jsのモジュールを管理するツールです。

スポンサードサーチ

パッケージマネージャーとは

パッケージマネージャーとはたくさんのプログラムをまとめたものです。
パッケージマネージャーを使うと、フレームワークのインストールなどを正確かつ高速にインストールすることができます。

Nodeのインストールの流れ

  • Homebrew installでHomebrewをインスール
  • brew install nodebrewでnodebrewをインストール
  • nodebrew setupでnodebrewの初期設定
  • nodeのPATHを通す
  • nodebrew ls-remoteでインストールバージョン確認
  • nodebrew install versionでインストール
  • nodebrew use versionでインストール

Homebrewのインストール

Homebrewとは?
HomebrewとはMacOSで使うソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムのうちの一つです。

コピーして、ターミナルに貼り付けてください。

/bin/bash -c “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

Homebrewのインストール先

https://brew.sh/index_ja.html

nodebrewのインストール

Node.jsのバージョンを管理するためのツールです。
Nodebrewを使うことで、一つの環境に複数のバージョンのNode.jsを導入することができます。
複数のバージョンと聞いてピンとこない方もいるかと思うので、補足すると、
複数のプロジェクトを動かすと、全てのバージョンが同じだったりすることはまずありえません。
なので、複数のバージョンを扱えるように、Nodebrewをインストールしておきましょう。

Homebrewのインストール用のコマンド

brew install nodebrew

user@user ~ % brew install nodebrew
Running `brew update --auto-update`...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> New Formulae
check-jsonschema    kwok                okta-awscli         plz-cli
copa                liblerc             pari-nflistdata     prs
dstack              libsais             pipdeptree          scriptisto

You have 2 outdated formulae installed.
You can upgrade them with brew upgrade
or list them with brew outdated.

==> Fetching nodebrew
==> Downloading https://ghcr.io/v2/homebrew/core/nodebrew/manifests/1.2.0
######################################################################## 100.0%
==> Downloading https://ghcr.io/v2/homebrew/core/nodebrew/blobs/sha256:eed2aeff4
==> Downloading from https://pkg-containers.githubusercontent.com/ghcr1/blobs/sh
######################################################################## 100.0%
==> Pouring nodebrew--1.2.0.all.bottle.tar.gz
==> Caveats
You need to manually run setup_dirs to create directories required by nodebrew:
  /opt/homebrew/opt/nodebrew/bin/nodebrew setup_dirs

Add path:
  export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

To use Homebrew's directories rather than ~/.nodebrew add to your profile:
  export NODEBREW_ROOT=/opt/homebrew/var/nodebrew

zsh completions have been installed to:
  /opt/homebrew/share/zsh/site-functions
==> Summary
🍺  /opt/homebrew/Cellar/nodebrew/1.2.0: 8 files, 40.7KB
==> Running `brew cleanup nodebrew`...
Disable this behaviour by setting HOMEBREW_NO_INSTALL_CLEANUP.
Hide these hints with HOMEBREW_NO_ENV_HINTS (see `man brew`).
Hide these hints with HOMEBREW_NO_ENV_HINTS (see `man brew`).
icon

ここまで進めばinstall処理終了です。

Add path:
  export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

Add path表示されているようにPATHを通します。

この時点でnodebrewはインストールできているので「nodebrew -v」でバージョンが返ってきます。

user@user ~ % nodebrew -v
nodebrew 1.2.0

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (from binary)
    nodebrew compile <version>            Download and install <version> (from source)
    nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` (For backward compatibility)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>
    nodebrew prune [--dry-run]            Uninstall old versions, keeping the latest version for each major version

Example:
    # install
    nodebrew install v8.9.4

    # use a specific version number
    nodebrew use v8.9.4

NodeのPATHはこの後行います。
Nodeは
NodeのPATHを通せば、「node -v」でバージョンが返ってきます。

nodebrewの初期設定

nodebrewのセットアップで、以下コマンドを叩いてください。

nodebrew setup

nodebrewのセットアップが終われば次はnodebrewのPATHを通します。

NodeのPATHを通す

bashを使用している場合

.bash_profileに以下プログラムを貼り付ける。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

vim を編集して環境変数を登録しましょう。

vi ~/.bash_profile

vimを編集し終わったらbash_profileを更新して設定を反映させましょう。

source ~/.bash_profile

zshを使用している

vim ~/.zshrc

vimで「.zshrc」ファイルを編集

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

PATHを通す

vim ~/.zshrc

.zshrcファイルを更新

インストール可能なnodeのバージョンを確認

nodebrew ls-remote

インストール可能なnodeのバージョンを確認できます。

nodeのバージョン指定してインストール

「nodebrew install バージョン」でnodeのバージョンを指定してインストールします

nodebrew install バージョン

https://nodejs.org/ja/

リンク先に、Nodeの推奨のバージョンが記載されているので、確認してみましょう。

Fetching: https://nodejs.org/dist/v19.4.0/node-v19.4.0-darwin-arm64.tar.gz
######################################################################### 100.0%
Installed successfully

Installed successfullyが表示されればinstall終了です。

nodeを有効にする

nodebrew use バージョン

nodebrew install バージョンでinstallしたバージョンをuseで使用できるようにします。

スポンサードサーチ

nodeのバージョン確認

Nodeを有効にしたら「node -v」でversionを確認しましょう。

node -v

バージョンが返ってきた場合は、Node.jsのインストールとパスが通っていることになります。

Node.jsのアンインストール

icon

間違ったバージョンをインストールしたり、不要になった場合はアンインストールしましょう。

nodebrew uninstall バージョン

もし自分のnodebrewのバージョンが分からない場合はlistで確認しましょう。

nodebrew list

currentがnodebrewのバージョンが返ってきます。

ここまでやれば、Nodeで開発することができます。

icon

せっかくなので実際の開発手順も見てみましょう

スポンサードサーチ

Nodeをnpmを使った開発方法

Nodeで開発するには次の順で開発を進めていきます。

  • Node.jsをインストール
  • npmをインストール
  • パッケージのインストール

Nodeを開発する時に使うコマンド

ミニマリスト_カミ

nodeでよく使うコマンドです

  • npm init -y
  • npm install パッケージ名
  • npm install パッケージ名 –save
  • npm run build

※後日詳しく書きます。
※別記事アップします。

プログラミングを始めたい方や、独学で進めてなかなか進まないなど、プログラミングは悩みが付き物です。
正直、プログラミングは実務的に行わないと成長はしません。
もし、プログラミングをまだ始めていない方や、今後の報告で悩んでいる方は無料相談を行っているので、是非一度お問合せください。
悩んでもしょうがないので、無料相談後に選択肢を増やしたり、今後の方向性を定めることをおすすめします。

NodeNode.js

Posted by kami